FC2ブログ

やん★ぶろ~画的ネタ日記~

janneのオタクな妄想と多々買いと玩具ネタ画像ブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「東京国際消防防災展2008」

既に日が経ってしまいましたが、記憶があるうちにレポします。
需要があるかどうかは別の話ですが…。リアルな車に萌える事が出来る方向けでサーセン。

「東京国際消防防災展2008」
5年に一度の開催だと初めて知りました。行っといて良かったわー。
会場は今や勝って知ったるビックサイト西館+屋外展示場。アトリウムでは子供向けのキャラショーや音楽隊の演奏などもやってました。

因みにこのイベント、入場無料。

まず屋内会場は、各車輌やソレにまつわる装備の展示&解説コーナー。
先の中国四川大地震の際に派遣された国際レスキュー隊の活躍を伝えるコーナーから、世界のレスキュー隊紹介。
CA390270.jpg
各国の消防服の展示で、中国はTF実車映画のラチェット色だった。
CA390271.jpg
アメリカでは各州ごとに消防服がちがう。おもわず「バックドラフト」のテーマが脳内BGM。
CA390272.jpg
航空装備で「ちどり」さん。名前が可愛い、動物とか海の名前が多い、のね?。コックピット試乗にはお子さんに混じってイイ大人もはしゃいでおりました。
消防車輌も人気者でした。何せ普段はお目にかかれない大型車輌。運転席に座るだけでも、非日常的な視線です。
CA390277.jpg
とりあえず、装備一式。コレが標準装備…ボンベって意外と重いのね。
CA390276.jpg

CA390279.jpg
現役の消防車輌の展示でも運転席には常に誰かが、入れ替わりに座っては記念写真を…。ソレを横目に自分は解説パネルをマクロ撮影。一応、資料って事で…何のよ?自分と、我に返ったら負けです。
CA390280.jpg
CA390278.jpg
CA390275.jpg
CA390274.jpg
バイクの指揮車というか先導車輌を初めて知った。名前がカッコヨス。そのままTFキャラ名で通じると思う(笑)。
救急車のコーナーでは、思わずウフフvな腐心が疼く自分自重。
なんせラチェット先生もとい救急車輌。ついガン見してしまう。
高規格車(ハイメディック)が現在の通常仕様車輌らしい。

さて、この屋内展示場は何も本職の見本を飾っているだけじゃないです。消防防災に関わる機材、システム、素材に至るまで様々な業種のメーカーが宣伝出店していました。消防服だけでも3~5社はあったのがビックリ。前回の記事で載せたあのサイレンランプ専門ショップから、ザイル専門、タイヤ専門、塗装専門、消火器専門。防犯システム専門…等々。
いや結構意外なメーカーまで「防災」を絡めて出店しておりました。
大塚製薬さん、カロリーメイトのポテト味無料配布は超GJ☆。

その中で、日産さんと豊田さんといすゞさん。ピカピカの新車を拝ませていただきました。
日産さんの新型ハイメディック。思わずパンフレット貰っちゃった。
CA390287.jpg
中身を覗いた居たらメーカーの人が「乗っていいですよ」と、ではお言葉に甘えて4度目の乗車(笑)。今まではストレッチャーに拘束されての乗車だったから、こう立って歩いて中身拝見は初めてだった。
CA390288.jpg

感想、狭いのね…いやマジでコレに3人以上は狭いよ。
以下、メーカーの人との会話
「如何ですか?」
「ストレッチャーのクッションが特に枕の部分が固めですね、あと拘束ベルトの位置が~(延々…)」
「~お詳しいですね」
「3度も乗れば愛着も沸きますよ」
「使って頂けるのは有り難いですが、余り乗らないで下さいね」
「乗るなら、こうゆう機会だけにしたいですね~」
今までの乗り心地の感想を延々と。ええ、この際今後の開発参考にと色々応えてきました。

それから会場内をふらふらと徘徊。その途中に本職さん(消防隊員)があちらにこちらにと、つか本職さんが一番楽しんでないかコレ。

さて、屋内会場を一通り見た後は、屋外展示場へと移動。
眩しい太陽光のもと、紅白車輌が輝いておりました。

その太陽が、後に大打撃になる自分…。
その話はまた次回(引っ張るの?)。
スポンサーサイト



| 日々事々 | 19:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://janneblog.blog52.fc2.com/tb.php/456-af51857c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT