FC2ブログ

やん★ぶろ~画的ネタ日記~

janneのオタクな妄想と多々買いと玩具ネタ画像ブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

枯渇している妄想砂漠にネタのオアシスを作れ。

はまった勢いって恐ろしい今日この頃です。
最初は土銀で嵌った筈だったんですが、今では地味な彼しか見えない罠。
もう一つの活動ジャンル(TF)でも、地味なキャラのマイナーCPに、1人で茨道でしたなぁ・・・(しみじみ)。

脇役で、地味で不憫な扱いを受けるキャラに萌えるようです自分。
そして、公式設定が出ていないことをイイコトに、過去を捏造し放題。
.
以下↓、山崎の過去捏造に関して自分妄想設定の垂れ流し、です。


地味ですが、ヤレば出来る子なのが山崎退だと思います。
でも、本編を見る限り何か何処かが足りない、欠落している思考のキャラでもあると思われます。
やっぱり、ジャスタウェイの回での、局長に対してのツッコミが強烈過ぎた自分の萌えどころ。
1255764053221211.png
そんな事で。山崎のキャラ考察による、過去捏造。

まず、真選組に入ったのは組創設から暫く経ってから(でも初期構成員の1人)。
スカウトしたのは副長。
ある事件が切欠で(その辺はまあおいおいで)、なんやかんやで副長が拾ってしまった経緯。
その当時まだ山崎はミントンもしないし、副長に対して尊敬もしていない。「ただの雇い主」くらいの従属心で就かず離れず、副長の側に影のように控えているので、他の隊士は気味悪がって近づかない(沖田隊長は例外)。性格も暗いというより、黒くもない白くもない「灰色」の性格。半ば世捨て人に近い思考で生きて来たところを、副長をはじめ組の皆との接触で次第に「ちょっと天然で空気を読まない頭が弱い」感じの性格に。でも仕事は出来る。
そんな山崎の現在の人間関係での信頼の優先事項。
副長>>>>>沖田>銀時&局長>>>>>各隊長クラス>>他隊士
何となくこんな比重で。銀さんと局長が同格なのはジャスタウェイ事件での一件で。あ、銀近でも近銀もイイナとか思っちゃった自分は本当に自重した方がいい。

そもそも山崎の生い立ちは忍の里で妄想。
生粋の忍の子。でも訳あって父親と共に「抜け忍」になって里を逃げ出し全国を逃亡行脚。
攘夷戦争の終盤、一時期戦場に身を置くも終戦後は再び逃亡行脚。旅の途中で父親は他界。終戦後の情勢混乱に乗じて江戸に棲み付き、以降独り裏世界で地味に生活していた。
世界の汚い部分を多く見てきたせいで、情緒的に欠落していったという、そんな自分妄想設定に落ち着きました。

更に、最大の捏造が万斉との最初の出会い。
先の捏造の「逃亡行脚」中。まだ里を逃げ出して間もない頃に、独り剣の修行の旅をしていた万斉と出遭って、暫く一緒に旅をした過去。山崎の父が「ござる口調」だったので次第に万斉に口調がうつったとか(ハイここ笑うところです)。その後、山崎親子と共に攘夷戦争に参戦。終戦後、山崎親子は江戸へ、万斉は京へと別れる。
山崎と共に旅をしている間、万斉は本名を名乗っていなかったので、山崎は万斉の名を知らないまま現在に至る。当然、過去に一緒に居た彼と同一人物だとは夢にも思っていない。

と、万斉の自分妄想設定に関してはまた万斉語りの項を設けるのでその時にでも。
またイイだけ痛々しい妄想の垂れ流しで。

副長に対してはどMな性癖でも、万斉に対してはどSな性癖を見せる。
そんな二面性の山崎はAB型にしたい。

今後も、こんな感じで小出しに補足のような自分妄想設定を語ると思われます。
文章ネタはもう少しネタがまとまってから出したいと思います。

土山は読むぶんには大好物ですが、自分で書くとなると難しい…。副長が保護者になる罠。
スポンサーサイト



| 銀魂(文) | 23:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://janneblog.blog52.fc2.com/tb.php/750-0c339f08

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT