やん★ぶろ~画的ネタ日記~

janneのオタクな妄想と多々買いと玩具ネタ画像ブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エアコンは適度な温度で省エネ。


全国的な寒波に、こちらでも例に漏れず寒い朝です。
愛車のシートが凍ってる…お尻ちめたい。

凍結したマンホールの蓋が相変わらず罠を張っております。あと白線もなー。
…おーい、国土交通省ー。その辺の規制変えてくれんかー。


日曜日は東京で某忘年会の招待で、会場ではっちゃけすぎたら帰宅は午前様でした…。
あと少しで新幹線最終逃すところやったやん。
そして今朝から胃痛と二日酔いです。

気持ち悪い。

それでも妄想する脳内は元気でした。後2日は死ねない…。

以下↓「にぞたん祭」で似山。
需要が無いCP、でも自分が楽しいから描く。

ものっそい、 ひ と り よ が り の産 物 。


今までの中で比べれば、糖度はかなり高め。甘いけど寒い。
ぬるい程度ですが、CPがほらマイナーだから色々ねぇ。
警告しましたから、ね?。




※過去ログの似山ネタをご参照下さい。

「エアコンは適度な温度で省エネ。(似山)※表現注意」


師走も半ばを過ぎ、いよいよ冬本番の寒さが街を包む。

北風が運んだ結晶は、そのまま降り積もり、うっすらと景色を白く変える。

「冷えると思ったら、やっぱり降ってきましたね」
「雪、かい?」
「はい。風に飛ばされてきただけかと思ったら、雪雲です」
「そうかい。どおりで冷えるわけだ」
「もっと積もるかなぁ、積もるなら早めに帰らないと…」
「坊や、もういいよ」
「あ、ハイ。スミマセン、部屋の中が冷えちゃいましたね」

冷たい空気を遮る、廊下の障子を閉じる。

座敷には、火鉢を囲んで二人が寄り添っている。
気まぐれな、僅かな時間の逢瀬。

炭が燃える赤い揺らめきが、部屋の中を暖かく満たしてゆく。
手をかざせば、手のひら一杯に伝わる熱が冷えた身体を徐々に暖めてゆく。

「暖かいですね」
「そうだねぇ」
「外、静かですね」
「雪の降る音は、聞こえるよ」
「え?。雪の降る音なんてあるんですか?」
「あるよ。耳を澄ませてごらん」

静寂の可で聞こえるものを、意識をして聞き分ける。
しかし、何も聞こえない。
「うーん。俺には無理でした」
「耳で聞くものじゃぁないよ。想像で聞くんだよ」
「想像…するんですか?」
「そうだよ。そうすると、その通りの音に聞こえてくる。その時の気分で、いろいろな音に変わる音さ」
そうい言われて、再度耳を済ませる。
先程見た舞い落ちる雪。それが地に落ち降り積もる音。
結晶が重なる音。

「あ…」
「聞こえたかい?」
「何となく、この音じゃないかなぁって音が、見つかりました」
「そうかい。それが坊やの聞いた音さね」
「何か、楽しいですね」
「そうだねぇ」

目に映るものが無い分、その他の感覚が周りの情景を拾う。
聞こえない音は想像すれば聞こえる。

しかし、触れられないものは、想像しても容易に触れることが出来ない。
触れたいと、願うものほど触れる感触が恋しくなる。

「坊や、もっとこっちにおいで」
「はい、あっ」

寄り添い、肩が触れる側に来た時、その身体を捕まえる。

1261378278628816.png

「あの…何?」
「暖かいねぇ」
身体を預け、抱き留められる。密着すれば着物越しに伝わる体温。
それを確かめるように、手が頭から身体へと探るように動く。
「確かに、此処に居るんだね」
「…ハイ…」
「声も、気配も、匂いも。この感触に勝る確かなものはぁないよ…」
更に強く抱きしめられる。

確かめる為に這わされる手のひら。指先がなぞる線。
ある意図を示すように、相手の心を手繰り寄せる為の指先の行為。

「…ん…」
「もっと、確かめても、いいかい?」
「え、あ、…あの」
「何だい?」
「こんな時、貴方を…名前で呼べないのが…、切ない、です…」
切なさに締め付けられる胸のうちを、その手で示すように、抱き留められている胸に手を沿え、キュッと着物を握る。
「必要、ないよ」
手繰り寄せ、捕まえた心を逃さぬように抱き締める。
相手の鼓動が早くなる、熱くなる身体を確かめ、意図が伝わった事を知る。
「此処に居る間は、名前なんて必要ないさね」
「でも、ん…ふっ…ぁ」
もう一つ、確かめる感触を求めて、唇を合わせる。
「いい、かい?」
「…ハイ…」

静寂な部屋に、甘い息遣いと濡れた音が溶けていった。
 

「言い訳、考えなくちゃ…」
「雪が積もれば、帰れなかったって言い訳できるけどねぇ」

夢現の中で、確かめた愛しい感触が笑う気配がした。



<おわり>
まだ、お互いの素性を知らなかった似蔵さんの療養生活期の自分妄想設定です。


 ゴ メ ン ナ サ イ 。

特に、万斉ゴメン。マジゴメン。
うちでは、山崎の最初の相手は似蔵さんでした。
肝心の最中は、サクっとスルーしましたけどね(ヘタレな書き手でスミマセンコレで精一杯)。

後二日…。他所様でもニゾ誕してませんか?。
茨道は今日も寒波です…。
スポンサーサイト

| 銀魂(文) | 18:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。