やん★ぶろ~画的ネタ日記~

janneのオタクな妄想と多々買いと玩具ネタ画像ブログ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お礼返しは三倍で。

ほ、ほわいとでー?。

あ、ホワイトデーですねハイ。リアルでは義理でしか縁の無い日です。
それも先月のバレンタイン同様、今年は週末、義理の返しもありませんがな。

自分クッキーを購入。
某ハーブ専門店のハーブクッキーがマジ美味す。

バレンタインでは、それ何リ甘い話を頑張ったんですが、ホワイトデーは果て何を描こうかと。

4年に一度の潜伏期間に手ブロで祭った似山から、しっとリクッキーを。

最近はクッキーも生があるらしい。


それは置いておいて⊆(゜ω゜ )≡( ゜ω゜)⊇。


以下↓似山のくっついた絵です。
甘さの中にせつなさ。


月に何度も会えるわけじゃない。
共に夜を過ごす事もごく稀のこと。

僅かな時間を、二人は共有する。

夜更けに訪ねても、日付を跨いで直に帰らなければならないこともある。
それでも、喜びと安らぎが得られる。

時間の長さに反比例する、親密で濃厚な時間。


「旦那…さん?」

何時ものように、灯りの無い屋敷に訪れると、中庭に面した縁側に座った、その人が待っていた。
月明かりに照らされ、青白い光に包まれている。
その人が気配を察したのか、俯いていた顔を上げると、すうっと右手を差し出してきた。

「坊や」
「はい」
「おいで」
「…はい」

近寄って、差し出された手をとる。

冷たい手だった。
力強い手だった。

そのまま身を引かれ、腕の中に包まれた。
抱きしめられる、暖かさを知っている。

「坊や」
「はい」

だから、自分も腕を伸ばしその人の背中に手を添える。

どちらかともなく、溜息が零れた。

安堵の溜息と共に、二人の身体が柔らかく絡まる。


「来てくれて、ありがとうねェ」
「俺の方こそ」
「ん?」
「待っていてくれて、ありがとうございます」
「俺は何時でも、坊やが来るのを待っているよ」
「旦那さん…」

嬉しいと、思った。
会いたかったと、待っていてくれる人。

ただの二人。
名前も、素性も無い。

二人だけの、世界がある。

12669361084528.png
「今夜は、朝まで一緒に居ます」
「良いのかい?、坊やの帰りを待っている人が居るんだろう?」
「はい。でも…」
無断外泊の言い訳なら、慣れている。
それも仕事の内だと、後ろめたさはあるものの自身を納得させる。
それより、今は。
会いたいと思っているのは、貴方だけではないのだと、伝えたい。
「俺も、貴方に…会いたいと、思っていますから」
「…坊や?」
「はい?」
「朝までって…意味、分かってるかい?」
「もちろん。そのつもりですよ?」
抱き合い、肩口に預けていた頭を動かし、耳元に唇を押せて呟く。

貴方が、欲しい、と。


時には、時間の長さに比例する、親密で濃厚な時間を。


<おわり>


コレでも一応、ホワイトデー。山崎視点。
前回の似山も、山崎の誘い受けだった気がする…。

次は似蔵さん視点で似山を書いてみたい。



 

スポンサーサイト

| 銀魂(文) | 22:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。